コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫取菫 ムシトリスミレ

デジタル大辞泉の解説

むしとり‐すみれ【虫取×菫】

タヌキモ科の多年生の食虫植物。高山の湿地に生え、高さ5~15センチ。葉は根元から数枚出て長楕円形。葉の縁が内側に巻き込み、表面には粘液を分泌する腺毛が密にあり、虫を捕らえる。夏、花茎を伸ばし、紫色のスミレに似た花を開く。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むしとりすみれ【虫取菫】

タヌキモ科の多年生食虫植物。高山の草原や岩地に生える。葉は狭卵形で数個根生し、上面に腺毛があって虫などを粘着させ、消化・吸収する。夏、花茎を出しスミレに似た淡紫色の花をつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虫取菫 (ムシトリスミレ)

学名:Pinguicula vulgaris
植物。タヌキモ科の多年生食虫植物,高山植物,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

虫取菫の関連キーワード卵形

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android