虹彩炎/虹彩毛様体炎(読み)こうさいえんこうさいもうようたいえん(英語表記)Iritis / Iridocyclitis

  • 虹彩炎/虹彩毛様体炎 Iritis / Iridocyclitis

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 虹彩炎は虹彩の、虹彩毛様体炎は虹彩と毛様体の炎症をさしています。毛様体は虹彩と隣り合った組織であり、両方が同時に炎症を生じることが多く、通常、虹彩毛様体炎のかたちをとります。
[症状]
 虹彩炎(虹彩毛様体炎)が生じると、角膜周囲の白目(しろめ)(結膜(けつまく))に充血(毛様充血)がみられることが多く、視力が低下したり、目がかすんだり(霧視(むし))、光があたると痛んだり、まぶしくて涙が出たりします。充血や眼痛などの自覚症状がない虹彩炎が、白内障(はくないしょう)や緑内障(りょくないしょう)による視力低下や視野欠損で見つかることもあります。
 眼科医の指示に従って治療を受けることが必要です。失明することはまれですが、緑内障や白内障を合併して重篤(じゅうとく)な視力障害がおこることもあります。
[検査と診断]
 細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)によって、前房内(ぜんぼうない)に炎症細胞が認められることにより診断されます。重症な虹彩炎では、前房内に線維素塊(せんいそかい)(フィブリン)が認められたり、虹彩後癒着(水晶体(すいしょうたい)と虹彩の癒着)を認めることがあります。眼圧や眼底の異常の有無の確認が必要です。
[治療]
 原因疾患(コラム「ぶどう膜の病気の原因」)の治療がたいせつですが、虹彩炎では点眼治療が必要です。消炎のためには、おもに副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(ステロイド)の点眼を行ないます。また、散瞳作用(さんどうさよう)のある硫酸(りゅうさん)アトロピンやトロピカミドなどの点眼薬も用いられます。軽度の虹彩炎では、非ステロイド系の消炎点眼薬が用いられる場合もあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android