(読み)にじ(英語表記)The Rainbow

  • rainbow
  • こう
  • ぬじ
  • のじ
  • 書名
  • 漢字項目
  • 虹 rainbow
  • 虹/×霓

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスの小説家 D.H.ロレンス小説。 1915年。ブラングウェン家の3代にわたる恋物語。肉体的交渉背後にある神秘的な生命交流を描こうとしているが,当時としては型破りの大胆な性愛描写のため発禁処分を受けた (1926年に改訂版,のち初版本に返った) 。『恋する女たち』はその続編
降雨の前後空中にかかる円弧状の大気光象太陽光が空中に浮遊する水滴によって屈折,反射させられるときにでき,太陽をにして,観測者の前方で雨が降っているときに現れる。その視半径角度 40~42°に主虹が,角度 50~54°に副虹が現れる。主虹のスペクトル外側から赤,橙,,緑,青,の順。副虹のスペクトルはその逆であるが,輝きは主虹よりかなり弱い。月の光によってできる虹もあるが,太陽に比べ月の光はかなり弱いため,まれにしか見ることができない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

常用漢字] [音]コウ(漢) [訓]にじ
にじ。「虹霓(こうげい)白虹
にじのような。「虹彩
雨上がりに、太陽と反対方向の地表から空にかけて現れる7色の円弧状の帯。空中の水滴によって太陽光が分散されて生じる。外側が赤、内側が紫の主虹第一次虹)のほかに、離れてその外側に、色の配列が逆の副虹第二次虹)が見えることがある。 夏》「―立ちて忽(たちま)ち君の在る如(ごと)し/虚子
[補説]現代日本では一般に、赤(せき)・橙(とう)・黄(おう)・緑(りょく)・青(せい)・藍(らん)・紫(し)の7色と考えるが、時代や文化により認識される色数は異なる。
書名別項。→
《原題The Rainbowローレンスによる長編小説。1915年刊。中部イングランドの農場を舞台に、3代にわたる父子の愛欲と結婚の諸相を描く。刊行当初、性描写がわいせつであるとの理由で発禁処分を受けた。
千家元麿の第2詩集。大正8年(1919)刊。
藤井重夫の小説。大阪の戦災孤児たちを描いた作品。昭和40年(1965)発表。同年、第53回直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

雨,霧,水しぶきなど空中の微小な水滴によって太陽光線が分光されて見られる7色(赤・橙(だいだい)・黄・緑・青・藍(あい)・紫)の美しい弧。色光の屈折率の相違により現れる。太陽を真後ろにした方向に見られ,その視半径は普通見られる主虹(しゅにじ)が約42°〜40°,主虹の外側にうすく見られる副虹(ふくにじ)が約54°〜50°。色の順序は主虹では外側が赤,内側が紫であり,副虹はその反対で,内側が赤となる。
→関連項目過剰虹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。1970年4月~1971年4月放映。脚本田中澄江。音楽:広瀬量平。出演:南田洋子、仲谷昇ほか。戦時中・戦後の混乱の中、たくましく生きる大学講師のかな子の姿を描く。
日本のポピュラー音楽シンガーソングライター俳優福山雅治。2003年発売。同年フジテレビ系で放送のドラマ「WATER BOYS」の主題歌起用。第18回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤー受賞。2003年オリコン年間シングルチャート第2位。
日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、SPYAIR。2013年発売。作詞:MOMIKEN、作曲:UZ。TBS系で放送のドラマ「潜入探偵トカゲ」の主題歌。
日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、Aqua Timez。2008年発売。作詞・作曲:太志。日本テレビ系で放送のドラマ「ごくせん」の主題歌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

雨上りのときなどに,太陽と反対側に,地表から空にかけて現れる美しい色彩の円弧を虹という。普通われわれの見る虹は視半径が外側の赤の部分で約42度,内側の紫の部分で約40度であり,その間にスペクトルに分光された色の光が並んでいる。これが〈主虹(しゆにじ)〉である。この主虹の外側に,もっと大きい視半径の〈副虹(ふくにじ)〉を見ることがある。この方は色の並び方が主虹とは反対で,外側が紫で,内側が赤,視半径は紫の部分で約54度,赤の部分で約50度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 にじ。のじ。
※書紀(720)天武一一年八月(北野本訓)「丙寅に法令(のりのふみ)を造る。殿の内に大虹(ヌシ)有り」
〘名〙 「にじ(虹)」をいう上代東国方言。
※万葉(8C後)一四・三四一四「伊香保ろのやさかの堰(ゐで)に立つ努自(ノジ)の顕(あらは)ろまでもさ寝をさ寝てば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【北欧神話】より

…アース神たちは地上から天へビルロストBilröstという橋をかけた。虹と呼ばれているのがそれである。ボルの子らはまた天体もつくった。…

※「虹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虹の関連情報