コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛤・文蛤・蚌(読み)はまぐり

大辞林 第三版の解説

はまぐり【蛤・文蛤・蚌】

〔「浜栗」の意という〕 海産の二枚貝。貝殻は丸みをおびた三角形で、表面は平滑で光沢がある。色彩は変化が多いが、黄褐色の地に栗色の紋様のあるものが多い。内面は白色で陶器質。肉は食用とし、貝殻は焼いて胡粉ごふんを作る。日本では北海道南部以南の内湾の砂泥にすむ。養殖も盛ん。 [季] 春。 《 -を搔く手にどゞと雄波かな /虚子 》
の貝殻。貝合わせに用いたり、膏薬こうやくを入れる容器として用いた。
女陰をいう。 「お前の-ならなほうまからう/滑稽本・膝栗毛 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android