(読み)ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう〔ラフ〕【×蝋】

高級脂肪酸と一価または二価の高級アルコールとのエステル固体または液体油脂に似るが、酸化加水分解に対して安定。動物性の蜜蝋鯨蝋などと、植物性の綿蝋などがある。また、俗に、油脂である木(もく)蝋炭化水素パラフィンも含めていう。ワックス

ろう【蝋】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ロウ(ラフ)()(
みつろう。ろう。ワックス。「蝋燭(ろうそく)鯨蝋屍蝋(しろう)封蝋蜜蝋(みつろう)木蝋
[補説]人名用漢字表(戸籍法)の字体は「蠟」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蝋【ろう】

高級脂肪酸と1価(ときに2価)の高級アルコールとのエステル。鯨蝋蜜蝋,イボタ蝋,ラノリンなどの動物蝋と,カルナバ蝋,とりもちなどの植物蝋がある。油脂に似て水に不溶で,アルコールやクロロホルムに溶けるが,より安定で空気中で変質しにくい。石蝋(パラフィン)や木蝋は,俗に蝋といわれているが,化学成分はそれぞれ炭化水素および油脂である。
→関連項目エステル高級アルコール高級脂肪酸蝋纈染

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろう ラフ【蝋】

〘名〙
① 動植物から採取する、脂肪に似た物質。熱すれば溶けやすく、燃えやすい。鯨蝋・蜜蝋の類。化学的には、高級脂肪酸と高級アルコールとのエステルで、液体のものと固体のものとがある。純粋なものは白色で無臭。化学的性質は油脂に似ているが、より安定している。動植物体の表面にあって湿潤や乾燥を防ぎ、保温の作用がある。つや出し、医薬品、化粧品などに用いられる。木蝋のように融点が高くて形状の似ている脂肪をいうこともある。〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 「ろうそく(蝋燭)」の略。〔和漢三才図会(1712)〕 〔王安石‐同杜史君飲城南詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報