コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟾酥 せんそtoad venom

4件 の用語解説(蟾酥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟾酥
せんそ
toad venom

シナヒキガエル Bufo bufo gargorizanまたは類似のヒキガエルの毒腺の分泌物を集めて,乾燥したもの。無臭で刺激性の苦みがあり,舌に麻痺感を与えるが,強心,解毒効果をもつとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蟾酥【せんそ】

漢方強心剤の一つ。中国産ヒキガエルの毒腺から分泌した液を円盤状に固めたもの。赤褐〜黒褐色,無臭苦味,舌端を麻痺(まひ)。高貴薬として六神丸などに配合される。有効成分はブファリン,テロシノブファリンなどジギタリス様のガマ毒。
→関連項目ヒキガエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の蟾酥の言及

【ガマ(蝦蟇)】より

…ブフォタリン,ブファギン,シノファギン,ガマブフォゲンなどを含むいわゆるブフォトキシンbufotoxinで,主として心筋や迷走神経中枢に作用する。この心筋収縮の作用からガマ毒は強心剤として用いられ,中国では古くから〈蟾酥(せんそ)〉と称して,漢方薬六神丸の材料とされ,蘇州の〈雷久上(レイチユウシヤン)〉が本舗とされてきた。現在,日本に輸入されている蟾酥はかなり高価なものである。…

※「蟾酥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蟾酥の関連キーワードガマ(蝦蟇)せんそオオヒキガエル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟾酥の関連情報