コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行人坂 ぎょうにんざか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行人坂
ぎょうにんざか

東京都目黒区東部,目黒川の谷にある急坂。江戸時代初期は白金台から祐天寺,二子玉川方面への表本道。現在商店街でにぎわう権之助坂を新坂,行人坂を旧坂という。寛永年間 (1624~44) に羽州湯殿山行者が祈願修行のため閑寂な坂の中腹に大日如来堂 (現在の大円寺) を建て,この地域に居住したのでこの名称がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

行人坂【ぎょうにんざか】

東京都目黒区大円(だいえん)寺前から目黒川に架かる太鼓橋に下る坂。寛永年中(1624年−1644年)羽州湯殿山の行者がここに大日如来堂を建立したことが坂の名の由来という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

行人坂の関連キーワード日本映画史(年表)目黒行人坂の大火目黒行人坂の火事文化3年の大火東京都目黒区目黒[区]明和の大火撮影所谷中根岸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android