コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐天寺 ユウテンジ

デジタル大辞泉の解説

ゆうてん‐じ〔イウテン‐〕【祐天寺】

東京都目黒区にある浄土宗の寺。山号は明顕山。享保3年(1718)祐天が住んだ庵(いおり)のあとに、弟子祐海が創建江戸時代には常行念仏の道場として知られた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうてんじ【祐天寺】

東京都目黒区にある浄土宗の寺。明顕山善久院と号する。1719年(享保4)増上寺36世祐天(1637‐1718)が晩年庵居して寂した地に高弟祐海が創建し,祐天を開山とした。祐天は将軍徳川綱吉・家宣,また綱吉の母桂昌院をはじめ大奥の帰依あつく,庶民の信仰も集めた高僧であった。祐天の書き与えた名号の利益や庶民教化は《祐天大僧正利益記》などに詳しいが,とくに歌舞伎で有名になった累(かさね)一族の怨霊救済の話はよく知られ(《》),当寺境内にある累塚には参詣者がたえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうてんじ【祐天寺】

東京都目黒区中目黒にある浄土宗の寺。明顕山善久院と号する。1719年祐天の遺命により弟子の祐海が建立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祐天寺の関連キーワード朝鮮半島出身者の遺骨返還東京都目黒区中目黒朝鮮人の遺骨返還東京都目黒区新 美肌一族目黒(区)朝鮮人遺骨小島直次郎駒沢通り仲木隆司岡鹿門行人坂建立遺命愚蒙

祐天寺の関連情報