祐天寺(読み)ゆうてんじ

精選版 日本国語大辞典「祐天寺」の解説

ゆうてん‐じ イウテン‥【祐天寺】

東京都目黒区中目黒にある浄土宗の寺。山号は明顕山。院号は善久院。享保四年(一七一九開創開基は祐海。開山祐天。祐天が隠世した庵居跡で、祐天没年の翌年弟子の祐海が建立、開山を追請。常行念仏の道場であった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祐天寺」の解説

ゆうてん‐じ〔イウテン‐〕【祐天寺】

東京都目黒区にある浄土宗の寺。山号は明顕山。享保3年(1718)祐天が住んだいおりのあとに、弟子祐海が創建。江戸時代には常行念仏の道場として知られた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「祐天寺」の解説

ゆうてんじ【祐天寺】

東京都目黒区にある浄土宗の寺。明顕山善久院と号する。1719年(享保4)増上寺36世祐天(1637‐1718)が晩年庵居して寂した地に高弟祐海が創建し,祐天を開山とした。祐天は将軍徳川綱吉・家宣,また綱吉の母桂昌院をはじめ大奥の帰依あつく,庶民の信仰も集めた高僧であった。祐天の書き与えた名号の利益や庶民教化は《祐天大僧正利益記》などに詳しいが,とくに歌舞伎で有名になった(かさね)一族の怨霊救済の話はよく知られ(《》),当寺境内にある累塚には参詣者がたえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android