コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋田滝 ふくろだのたき

1件 の用語解説(袋田滝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろだのたき【袋田滝】

茨城県北端,久慈郡大子(だいご)町袋田にあり,久慈川支流滝川にかかる滝。高さ121m。4段に落ちる壮大な景観が特色で,四度滝(よどのたき)ともいう。上流に生瀬(なませ)盆地,生瀬滝があり,生瀬富士,月居(つきおれ)山を構成する集塊岩層を先行的に切って成立した。水量が多く,新緑,紅葉の美しさで知られるが,特に厳冬期の全面結氷はみごとで,四季型の観光地となっている。江戸時代から景勝を知られ多くの文人が訪れたが,昭和初期の袋田温泉の開設,JR水郡線の開業によって観光客が増加し,観光施設も整った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone