(読み)け

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


日常的な生活のこと。これに対して普段とは異なる特別に改った生活をという。人の生活の大部分は褻のときである。褻のときは,一定の規則に従った生活が繰返され,労働に従事したり,身辺の仕事をかたづけたりする。以前は,衣食住のうえでも心理的にも晴と褻の区別は明確に分れていたが,相互浸透によってこの区別は次第に希薄になりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け【褻】

〘名〙 (神の祭や公の政など儀式や祝いごとを晴(はれ)というのに対して日常的な私ごとをいう) 正式でないこと。よそいきでないこと。また、そのような状態の時や所。ふだん。常(つね)
平中(965頃)三四「上にもけにも心にまかせてまじり歩く人なれば」
徒然草(1331頃)一九一「ことにうち解けぬべき折節ぞ、け・晴(はれ)なくひきつくろはまほしき」
[語誌](1)古代においては、服装、寝殿造の建物や食事など生活全般にわたって「ハレ=公(おおやけ)」と「ケ=私(わたくし)」とが明確に区別されていた。
(2)「けはれ」「褻にも晴れにも」のように「はれ」と熟合しても用いられ、日常語として広まっていたことがうかがわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android