コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

4件 の用語解説(褻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


日常的な生活のこと。これに対して普段とは異なる特別に改った生活をという。人の生活の大部分は褻のときである。褻のときは,一定の規則に従った生活が繰返され,労働に従事したり,身辺の仕事をかたづけたりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

け【×褻】

正式でないこと。また、日常的なこと。ふだん。⇔晴(はれ)
「―に着給ふ御衣(おんぞ)」〈大鏡・兼通〉

せつ【褻】[漢字項目]

[音]セツ(漢) [訓]け
ふだん着。「褻衣(せつい)
けがす。けがれる。「褻器猥褻(わいせつ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

け【褻】

改まった場合ではない、日常的なこと。普段。平生。 ↔ 晴れ
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

褻の関連情報