コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代秋雄 やしろ あきお

2件 の用語解説(矢代秋雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢代秋雄 やしろ-あきお

1929-1976 昭和時代後期の作曲家。
昭和4年9月10日生まれ。矢代幸雄(ゆきお)の長男。池内友次郎(いけのうち-ともじろう)らに師事。パリ国立音楽院に留学し,帰国直後の昭和31年「弦楽四重奏曲」で毎日音楽賞。49年東京芸大教授。主要作品に「チェロ協奏曲」「ピアノ協奏曲」(ともに尾高賞受賞)。昭和51年4月9日死去。46歳。東京出身。東京芸大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢代秋雄
やしろあきお
(1929―1976)

作曲家。東京生まれ。幼時より音楽に親しみ、諸井(もろい)三郎や橋本国彦に手ほどきを受ける。のち東京音楽学校作曲科に入学、池内友次郎(いけのうちともじろう)のもとでフランスの和声学を学んだ。1951年(昭和26)同研究科修了と同時に渡仏、パリ国立音楽院でフランスの伝統的な音楽書法を身につけた。56年帰国、同年弦楽四重奏曲(1955)で毎日音楽賞を受賞し、その後も寡作ながらスケールの大きな構想と緻密(ちみつ)な書法による佳作を生んだが、46歳の若さで急逝。主要作品に交響曲(1958)、チェロ協奏曲(1960)、ピアノ協奏曲(1967)があり、『矢代秋雄全集』(1978・音楽之友社)に収められている。遺稿文集『オルフェオの死』(1977)がある。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢代秋雄の関連キーワード芥川也寸志入野義朗清瀬保二草川信渡久地政信八村義夫浜口庫之助福島正実船村徹松島彜

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢代秋雄の関連情報