コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代秋雄 やしろ あきお

2件 の用語解説(矢代秋雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢代秋雄 やしろ-あきお

1929-1976 昭和時代後期の作曲家。
昭和4年9月10日生まれ。矢代幸雄(ゆきお)の長男。池内友次郎(いけのうち-ともじろう)らに師事。パリ国立音楽院に留学し,帰国直後の昭和31年「弦楽四重奏曲」で毎日音楽賞。49年東京芸大教授。主要作品に「チェロ協奏曲」「ピアノ協奏曲」(ともに尾高賞受賞)。昭和51年4月9日死去。46歳。東京出身。東京芸大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢代秋雄
やしろあきお
(1929―1976)

作曲家。東京生まれ。幼時より音楽に親しみ、諸井(もろい)三郎や橋本国彦に手ほどきを受ける。のち東京音楽学校作曲科に入学、池内友次郎(いけのうちともじろう)のもとでフランスの和声学を学んだ。1951年(昭和26)同研究科修了と同時に渡仏、パリ国立音楽院でフランスの伝統的な音楽書法を身につけた。56年帰国、同年弦楽四重奏曲(1955)で毎日音楽賞を受賞し、その後も寡作ながらスケールの大きな構想と緻密(ちみつ)な書法による佳作を生んだが、46歳の若さで急逝。主要作品に交響曲(1958)、チェロ協奏曲(1960)、ピアノ協奏曲(1967)があり、『矢代秋雄全集』(1978・音楽之友社)に収められている。遺稿文集『オルフェオの死』(1977)がある。[船山 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

矢代秋雄の関連キーワード戦争文学歴史小説ブルガリア文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇傾向映画

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢代秋雄の関連情報