コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西沢渓谷 ニシザワケイコク

世界大百科事典 第2版の解説

にしざわけいこく【西沢渓谷】

山梨県北部,笛吹川最上流にある渓谷。国師ヶ岳(2592m)から流れ出る西沢に東西6kmにわたって広がり,二俣で東沢渓谷を合わせる。花コウ岩の浸食によってつくられた奇勝に富み,五段ノ滝,三重ノ滝はとくに美しい。かつては遡行困難であったが,コースが整備され,春のシャクナゲ開花期,秋の紅葉の時期にはハイカーでにぎわう。中央本線塩山駅から渓谷入口までバスの便がある。【横田 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕西沢渓谷(にしざわけいこく)


山梨県北東部、笛吹(ふえふき)川上流部にある渓谷。延長約6km。花崗(かこう)岩地帯が浸食され、滝・甌穴(おうけつ)・淵(ふち)などの奇観が連なる。ハイキングコースが整備され、初夏はシャクナゲ、秋は紅葉の探勝で親しまれる。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西沢渓谷
にしざわけいこく

山梨県山梨市三富(みとみ)地区にある笛吹(ふえふき)川上流の渓谷。秩父(ちちぶ)山地の国師ヶ岳(こくしがたけ)や奥千丈(おくせんじょう)岳に源流をもつ。花崗(かこう)岩地帯を流下し、滝、淵(ふち)などの渓谷美、シャクナゲと紅葉で知られる。北側の東沢がいまなお登山家の領域であるのに対し、西沢出合(であい)から不動小屋跡の約5キロメートルはハイキングコースとして整備され、一般に親しまれている。なお健脚向きには、黒金(くろがね)山・乾徳(けんとく)山方面への登山路も開かれている。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西沢渓谷の関連キーワード山梨県山梨市三富上釜口笛吹小屋キャンプ場山梨県山梨市三富〈村〉三富[村]川浦温泉奥秩父乾徳山初夏吉村甌穴探勝奇観

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西沢渓谷の関連情報