コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西沢渓谷 ニシザワケイコク

4件 の用語解説(西沢渓谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にしざわ‐けいこく〔にしざは‐〕【西沢渓谷】

山梨県山梨市の北部にある渓谷。笛吹川上流の渓谷で、全長5.5キロメートルにわたり、連続した滝や大きな甌穴(おうけつ)などが見られる。特に、5段になって流れ落ちる「七ツ釜(ななつがま)五段の滝」は有名。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしざわけいこく【西沢渓谷】

山梨県北部,笛吹川最上流にある渓谷。国師ヶ岳(2592m)から流れ出る西沢に東西6kmにわたって広がり,二俣で東沢渓谷を合わせる。花コウ岩の浸食によってつくられた奇勝に富み,五段ノ滝,三重ノ滝はとくに美しい。かつては遡行困難であったが,コースが整備され,春のシャクナゲ開花期,秋の紅葉の時期にはハイカーでにぎわう。中央本線塩山駅から渓谷入口までバスの便がある。【横田 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕西沢渓谷(にしざわけいこく)


山梨県北東部、笛吹(ふえふき)川上流部にある渓谷。延長約6km。花崗(かこう)岩地帯が浸食され、滝・甌穴(おうけつ)・淵(ふち)などの奇観が連なる。ハイキングコースが整備され、初夏はシャクナゲ、秋は紅葉の探勝で親しまれる。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西沢渓谷
にしざわけいこく

山梨県山梨市三富(みとみ)地区にある笛吹(ふえふき)川上流の渓谷。秩父(ちちぶ)山地の国師ヶ岳(こくしがたけ)や奥千丈(おくせんじょう)岳に源流をもつ。花崗(かこう)岩地帯を流下し、滝、淵(ふち)などの渓谷美、シャクナゲと紅葉で知られる。北側の東沢がいまなお登山家の領域であるのに対し、西沢出合(であい)から不動小屋跡の約5キロメートルはハイキングコースとして整備され、一般に親しまれている。なお健脚向きには、黒金(くろがね)山・乾徳(けんとく)山方面への登山路も開かれている。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属する。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西沢渓谷の関連キーワード笛吹笛吹川乾徳山道志渓谷名栗渓谷白鳳渓谷碧玉渓笛吹川フルーツ公園牧丘[町]三富[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西沢渓谷の関連情報