コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西角井正慶 にしつのい まさよし

2件 の用語解説(西角井正慶の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西角井正慶 にしつのい-まさよし

1900-1971 昭和時代の国文学者,民俗学者。
明治33年5月22日生まれ。昭和10年母校国学院大の教授となる。折口信夫(しのぶ)に師事し,古代芸能史や記紀歌謡,「万葉集」の研究につとめた。昭和46年1月22日死去。70歳。埼玉県出身。号は見沼冬男。著作に「神楽(かぐら)研究」「古代祭祀(さいし)と文学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西角井正慶
にしつのいまさよし
(1900―1971)

神道宗教学、国文学、芸能民俗学の研究者。現在の埼玉県さいたま市大宮区高鼻町の氷川(ひかわ)神社(旧官幣(かんぺい)大社)社家の長男に生まれる。母方も埼玉県加須(かぞ)市騎西(きさい)の玉敷神社の神職であった。青少年期を母方で過ごし、叔父河野省三(こうのしょうぞう)(のちに国学院大学学長)の薫陶を受ける。国学院大学に入学後は折口信夫(おりくちしのぶ)に師事し、終生折口学に傾倒した。1934年(昭和9)『神楽(かぐら)研究』で認められ、翌年国学院大学教授、のちに文学博士。著書に『古代祭祀(さいし)と文学』(1965)などがある。紫綬(しじゅ)褒章受章。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西角井正慶の関連キーワード麻生磯次岩城準太郎岡一男小島憲之斎藤清衛千田九一野村八良松田修山口剛湯地孝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone