コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西角井正慶 にしつのい まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西角井正慶 にしつのい-まさよし

1900-1971 昭和時代の国文学者,民俗学者。
明治33年5月22日生まれ。昭和10年母校国学院大の教授となる。折口信夫(しのぶ)に師事し,古代芸能史や記紀歌謡,「万葉集」の研究につとめた。昭和46年1月22日死去。70歳。埼玉県出身。号は見沼冬男。著作に「神楽(かぐら)研究」「古代祭祀(さいし)と文学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西角井正慶
にしつのいまさよし
(1900―1971)

神道宗教学、国文学、芸能民俗学の研究者。現在の埼玉県さいたま市大宮区高鼻町の氷川(ひかわ)神社(旧官幣(かんぺい)大社)社家の長男に生まれる。母方も埼玉県加須(かぞ)市騎西(きさい)の玉敷神社の神職であった。青少年期を母方で過ごし、叔父河野省三(こうのしょうぞう)(のちに国学院大学学長)の薫陶を受ける。国学院大学に入学後は折口信夫(おりくちしのぶ)に師事し、終生折口学に傾倒した。1934年(昭和9)『神楽(かぐら)研究』で認められ、翌年国学院大学教授、のちに文学博士。著書に『古代祭祀(さいし)と文学』(1965)などがある。紫綬(しじゅ)褒章受章。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西角井正慶の関連キーワード神楽(歌舞)国学院大学昭和時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android