コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西部邁 にしべ すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西部邁 にしべ-すすむ

1939- 昭和後期-平成時代の経済学者,評論家。
昭和14年3月15日生まれ。六○年安保闘争時は,東大自治会委員長,全学連中央執行委員。横浜国大助教授をへて,昭和61年東大教授。63年辞職し,評論家として活躍。あたらしい社会経済学(ソシオ-エコノミックス)の構築を目ざして注目され,高度大衆社会批判を展開する。平成22年「サンチョ・キホーテの旅」で芸術選奨文部科学大臣賞。北海道出身。著作に「経済倫理学序説」「大衆への反逆」「生まじめな戯れ」「核武装論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

西部邁

評論家。1939年3月15日、北海道生まれ。東京大学経済学部在学中、東大自治会委員長、全学連中央執行委員として、60年安保闘争で学生運動の指導的な役割を果たす。横浜国立大学助教授(現、准教授)等を経て86年に東京大学教養学部教授に就任し、88年に辞任。その後は保守派の評論家として活躍し、「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)などのテレビの討論番組に出演したほか、雑誌や新聞などでも大衆社会への批判を軸にした評論活動を展開した。執筆活動にも精力的に取り組み、2010年、自伝的エッセーを集めた著書『サンチョ・キホーテの旅』で第60回芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞した。その他の主な著作に『経済倫理学序説』(1983年再開第1回吉野作造賞受賞)、『生まじめな戯れ』(84年サントリー学芸賞受賞)などがある。2018年1月21日、死去。享年78。

(2018-1-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西部邁
にしべすすむ
(1939― )

評論家。北海道長万部(おしゃまんべ)生まれ。1958年(昭和33)東京大学に入学、64年経済学部卒業後、同大学院経済学研究科修士課程修了。その後横浜国立大学助教授、東京大学助教授を経て同教授となったが、88年中沢新一招聘の人事を巡って辞職する。のち秀明大学教授。94年(平成6)より月刊誌『発言者』主宰。
 東大在学中は東大自治会委員長、全学連中央執行委員として60年安保反対運動で指導的役割を果たす。この時期のできごとや、ともに60年安保を闘った全学連委員長唐牛(かろうじ)健太郎、共産主義者同盟(ブント)書記長島成郎(しげお)などの肖像については『60年安保 センチメンタル・ジャーニー』(1986)で詳細に描かれている。大学院進学後は新古典派経済学を専攻するが、やがて経済活動をより広い社会的行為との関係でとらえ直そうとする『ソシオ・エコノミックス』(1975)を発表して注目された。これは、旧来の経済学が前提としてきた「功利主義的個人」「合理的経済人」が抽象的な仮説であるとし、伝統的な価値や情動的な行為に内在する合理性に着目して社会経済学の構築を目指すものであった。吉野作造賞を受賞した『経済倫理学序説』(1983)では、ジョン・メイナード・ケインズ、ソースタイン・ベブレンの業績を解釈しつつ、平等と物質的幸福のみを普遍的な価値とする従来の経済学の発想に警鐘を鳴らしている。そして、経済学を含めた社会科学一般を、多様な文化的神話の一つとみなし、その神話解釈学をつくることが自分の目的だと述べている。また自分はエドマンド・バーク流の保守主義を採るとし、人間は知的、道徳的に不完全な存在であり、歴史に蓄積された慣習、規範を尊重することなしに社会的安定はありえない、とした。
 80年代以降は、保守派の論客として大衆批判、知識人の責務について論陣をはった。彼によれば知識人は、インテレクチュアル、インテリジェント、インテリゲンチャの三つに分けられる。また、大衆とは、懐疑する精神を失い功利主義と経済合理性というイデオロギーに押し流されていく人間のことである。その意味で専門知に閉じこもったインテリジェントや、自己の知識の政治的実践に固執するインテリゲンチャは大衆の典型にほかならない。一方、真の知識人であるところのインテレクチュアルは、一般通念から一定の距離をとりつつ、社会の解釈を繰り返すものである。伝統とはその解釈の積み重ねであり、知識人の役割は、より優れた解釈を次代に伝えることであると西部は主張した。サントリー学芸賞受賞のエッセイ集『生(き)まじめな戯れ』(1984)では、自分は、絶対的価値の薄明かりを思い浮かべながら、伝統的価値の破片を丹念にひろいあつめる、と述べられている。90年代に入ると、マス・メディアでも積極的に発言するほか、「新しい歴史教科書をつくる会」(「現在の歴史教育のゆがみと教科書の不健全さをただす」として97年に発足。歴史、公民の教科書を作成した)に参加して『国民の道徳』(2000)、『新しい公民教科書』(2001)の執筆を行うなど、国家意識の覚醒、道徳の回復を主題に旺盛な評論活動を続ける。[倉数 茂]
『『ソシオ・エコノミックス』(1975・中央公論社) ▽『大衆への反逆』(1983・文芸春秋) ▽『60年安保 センチメンタル・ジャーニー』(1986・文芸春秋) ▽『国柄の思想』(1997・徳間書店) ▽『国民の道徳』(2000・産経新聞社) ▽『新しい公民教科書』(2001・扶桑社) ▽『経済倫理学序説』(中公文庫) ▽『生まじめな戯れ――価値相対主義との闘い』(ちくま文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西部邁の関連キーワードベブレン(Thorstein Bunde Veblen)インテレクチュアル小林麻子

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西部邁の関連情報