コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見做す/看做す ミナス

デジタル大辞泉の解説

み‐な・す【見×做す/×做す】

[動サ五(四)]
仮にそうと見る。そうでないものをそうとする。仮定する。「雪を花と―・す」
判断してそうと決める。「返事のない者は欠席と―・す」
法律で、ある事物と性質の異なる他の事物を、一定の法律関係について同一視し、同じ法律効果を生じさせる。「未成年者が婚姻すれば成年に達したと―・される」
見とどける。
「命長くて、なほ位高くなど―・し給へ」〈・夕顔〉
世話をして育てあげる。
「人なみなみに―・したらむこそ嬉しからめ」〈総角

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

見做す/看做すの関連キーワードペリクレスの戦没者葬送演説(抄)事物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android