コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬する ギスル

デジタル大辞泉の解説

ぎ・する【擬する】

[動サ変][文]ぎ・す[サ変]
見立てる。なぞらえる。「山水に―・した庭園」
決定していないことなどを、仮に当てはめてみる。「次期総裁に―・せられる」
刀などを突きつける。あてがう。「背にを―・する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎする【擬する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ぎ・す
ある物を他の物に見立てる。なぞらえる。 「築山つきやまを富士に-・する」
まだ決まっていない事に、仮にあてはめてみる。 「党首を後継首相に-・する」 「作者に-・せられる」
あらかじめ考える。 「その水を汲上げんとは-・したれど/日光山の奥 花袋
(武器などを)体にさしあてる。 「殿下の御盃按察使之を給ふ。右府殿に-・せらる/兵範記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

擬するの関連キーワードコンピュータ・シミュレーション江田船山古墳出土大刀銘エミュレーション添える・副えるや座(矢座)随身庭騎絵巻堤中納言物語補陀洛渡海安岡章太郎ガーゴイル淡海三船菅原清公真言神道天神人形薄田兼相蘇我入鹿天叢雲剣音声合成象徴主義山名持豊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

擬するの関連情報