コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見立てる ミタテル

デジタル大辞泉の解説

み‐た・てる【見立てる】

[動タ下一][文]みた・つ[タ下二]
見て選び定める。選定する。「着物の柄を―・てる」
病気を診断する。また、鑑定する。「医者が―・てたところでは軽傷らしい」「絵を―・てる」
別のものになぞらえる。仮にそのものと見なす。「市街の中央を流れる川を京都の鴨川に―・てる」
見送る。
「赤駒が門出をしつつ出でかてにせしを―・てし家の児らはも」〈・三五三四〉
世話をする。後見する。
「せめて三十二、三までとっくと―・て」〈浄・生玉心中
軽く扱う。見くびる。
「さても人を―・てるやつかな」〈浮・一代男・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みたてる【見立てる】

( 動下一 ) [文] タ下二 みた・つ
見て選ぶ。選定する。 「着物を-・ててもらう」
診断する。判断する。 「軽い肺炎と-・てる」
仮定する。なぞらえる。 「桜の花を霞かすみに-・てる」 「鬼念仏とは旨うまく-・てた/社会百面相 魯庵
出発を見送る。 「赤駒が門出をしつつ出でかてにせしを-・てし家の児らはも/万葉集 3534
世話をする。後見する。 「妹が一子を-・て/浮世草子・永代蔵 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見立てるの関連キーワードMultilink PPPアツモリソウ(敦盛草)町役人(まちやくにん)ジョウロウホトトギスてんびん座(天秤座)クラウドサービス社内カンパニー制八束水臣津野命ボルタンスキー名古屋山三郎減耗控除制度土(土壌)モデュール見立て替え見立て替へ多々良大仏気圧配置松羽目物平田篤胤詞の玉緒

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見立てるの関連情報