見立てる(読み)ミタテル

デジタル大辞泉「見立てる」の解説

み‐た・てる【見立てる】

[動タ下一][文]みた・つ[タ下二]
見て選び定める。選定する。「着物を―・てる」
病気を診断する。また、鑑定する。「医者が―・てたところでは軽傷らしい」「絵を―・てる」
別のものになぞらえる。仮にそのものと見なす。「市街の中央を流れる川を京都の鴨川に―・てる」
見送る。
赤駒門出をしつつ出でかてにせしを―・てし家の児らはも」〈・三五三四〉
世話をする。後見する。
「せめて三十二、三までとっくと―・て」〈生玉心中
軽く扱う。見くびる。
「さても人を―・てるやつかな」〈一代男・五〉
[類語]たとえるなぞらえる見なす擬する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android