見込む(読み)ミコム

デジタル大辞泉の解説

み‐こ・む【見込む】

[動マ五(四)]
あてにする。望みをかける。「値上がりを―・んで大量に仕入れる」「君を男と―・んで頼む」
将来有望だと思う。「―・まれて養子になる」
予想して勘定に入れる。「損失を―・む」
ねらいをつけたものに執念深くとりつく。「蛇に―・まれたカエル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みこむ【見込む】

( 動五[四] )
有望だと思う。確かだとあてにする。 「男と-・んで頼む」 「将来性を-・まれる」
予想して勘定に入れる。めあてとする。 「三割の利益を-・む」
じっと見る。見つめる。 「紙門ふすまの外を-・む目前めさきへ/多情多恨 紅葉
執念深くとりつく。みいる。 「蛇に-・まれた蛙」
[可能] みこめる
( 動下二 )
有望だと思う。 「コレヲ-・メタマイテヨロヅノブギョウヲアテヲコナウ/サントスの御作業」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見込むの関連情報