コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親族法 しんぞくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親族法
しんぞくほう

婚姻,親子後見その他の親族関係を規律する法規の総体をいう。そのおもなものは民法第4編親族に定められている。外国ではこのような法規を家族法というのが普通であるが,日本では第2次世界大戦終結まで家制度を基本とする規定の仕方をしていたため,親族法といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんぞくほう【親族法】

夫婦・親子などの親族関係について定める法の総称。形式的には民法第四編をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親族法
しんぞくほう

夫婦・親子を中心とする親族関係を規律する法律。民法第4編(725条~881条)「親族」がその中核となる。民法第5編「相続」とともに、「身分法」または「家族法」とよばれ、「財産法」に対する。1947年(昭和22)の大改正によって、それまでの「家」中心の構成から、夫婦とその未成熟の子中心の構成へと変わった。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の親族法の言及

【家族法】より

…家族法は家族に関する法である。日本の民法には,第4編親族,第5編相続があるが,欧米諸国で家族法というときは,相続法を別にして親族法だけを指し,日本でもまずその意味に使われる。しかし,日本では,相続法まで含めて,広く家族に関する法を家族法と呼ぶことも少なくない。…

※「親族法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android