コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解散請求 かいさんせいきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解散請求
かいさんせいきゅう

直接請求の一つで,普通地方公共団体議会住民意思から遊離しているような場合,住民が議会の解散を請求すること (地方自治法 13条1項) 。リコール一種。住民の意思に反する議会の行動を抑止するための一つの重要な制度である。解散請求は,選挙権者の総数の3分の1以上の者の連署をもって,その代表者からその普通地方公共団体選挙管理委員会に対してなされる。この請求があったとき,選挙管理委員会はその要旨を公表し,さらに選挙人投票にこれを付さなければならず (76条) ,投票において過半数の同意があったとき,議会は解散する (78条) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

解散請求【かいさんせいきゅう】

直接請求の一種。地方自治法は,住民が直接に地方公共団体の議会をコントロールする方法として,有権者総数の1/3以上の連署による議会解散請求権を認めた。この請求があったときは,有権者全員による投票で過半数の同意があれば議会は解散する。
→関連項目解散住民投票地方議会連署

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいさんせいきゅう【解散請求】

リコールの一種。地方議会に対して、有権者の3分の1以上の署名で解散を請求しうる制度。解散請求が成立するとそれについて賛否の住民投票が行われ、過半数の賛成があれば解散する。 → リコール

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解散請求
かいさんせいきゅう

地方自治法上の直接請求の一種で、議会が全体として住民の意思に反するとき、任期中の解散を住民の総意によって行わせるもの。日本における解散請求は、汚職などについて議会全体の責任を問うもののほか、市町村合併などの個別政策について住民の意思を問う住民投票に代替する機能を有するもの、さらには、首長と議会とが対立したときに、住民が議会の解散を請求してその争いを解決するというものまで含んでいる。
 選挙権者の3分の1(2002年の法改正により、その総数が40万を超える場合には、特例として、その超える数に6分の1を乗じて得た数と40万に3分の1を乗じて得た数とを合算して得た数)以上の署名が集まった場合に解散の当否が選挙権者全体の投票に付され、その過半数が解散に同意したとき、議会は解散される(地方自治法76条~79条)[稲葉一将]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の解散請求の言及

【解散】より


[地方議会の解散]
 次の三つの場合がある。(1)選挙権者総数の1/3以上の連署で解散請求があったとき,解散投票に付され,その過半数の同意があったとき,議会は解散する(地方自治法76~79条)。なお,国会にはこの解散請求権制度はない。…

※「解散請求」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

解散請求の関連キーワード住民投票[日本]公務員選定罷免権リコール[公職]出直し斐川町長選連署(法律)18歳選挙権直接民主制信教の自由直接請求権株式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解散請求の関連情報