コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計測震度 けいそくしんど

3件 の用語解説(計測震度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計測震度
けいそくしんど

地震観測点で震度計によって測定された,地表のゆれ(地震動)の強さの程度を数値化した震度。基本的には周期 0.1~1.0秒の地震波加速度の大きさに基づいており,体感による震度とほぼ一致するように定められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

計測震度

90年まで「震度」は、各地の気象庁職員が感じた揺れや建物の倒壊程度などから、0(無感)~7(激震)を判断していた。90年から各地の気象台に震度計が設置され、機械測定が始まった。阪神大震災後の96年からは、自治体も震度計を相次ぎ設置。震度はすべて「計測震度」となり、震度も10段階に細分化された。

(2008-11-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいそく‐しんど【計測震度】

地震波を計測する装置(地震計)によって自動的に計測される震度。かつては気象庁の職員が体感や周囲の状況から震度を決定していたが、平成8年(1996)から計測震度に全面移行した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計測震度の関連キーワード管区気象台気象大学校中央気象台気象白書震度速報MICOS気象庁の緊急地震速報桜の標本木大谷東平気象庁震度階級

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

計測震度の関連情報