コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代集 はちだいしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八代集
はちだいしゅう

勅撰和歌集のうち最初の『古今和歌集』から8番目の『新古今和歌集』までをいう。『古今和歌集』『後撰和歌集』『拾遺和歌集』『後拾遺和歌集』『金葉和歌集』『詞花和歌集』『千載和歌集』『新古今和歌集』の8集。「代」とは勅撰集が奉られた天皇の御代の意。『無名草子』では『万葉集』から『千載和歌集』までを八代集といっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

八代集【はちだいしゅう】

勅撰和歌集21集のうち,最初の8集《古今和歌集》《後撰和歌集》《拾遺和歌集》(以上は三代集),《後拾遺和歌集》《金葉和歌集》《詞花和歌集》《千載和歌集》《新古今和歌集》。
→関連項目詞玉緒三代集勅撰和歌集二十一代集

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

八代集

→「二十一代集」

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちだいしゅう【八代集】

三代集と総称される《古今和歌集》《後撰和歌集》《拾遺和歌集》と,それに続く《後拾遺和歌集》《金葉和歌集》《詞花和歌集》《千載和歌集》《新古今和歌集》との8勅撰和歌集を総称して八代集という。この名称は鎌倉初期の《明月記》(藤原定家の日記)や《八雲御抄(やくもみしよう)》(順徳天皇による歌論書)などに早くもみられる。平安初期の《古今集》時代から鎌倉初期の《新古今集》時代に至るおよそ300年間,和歌には時によって盛衰もあり,歌風の変遷もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八代集
はちだいしゅう

『古今和歌集』から『新古今和歌集』まで、平安前期から鎌倉初期に至る八代の勅撰(ちょくせん)和歌集の総称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八代集の言及

【勅撰集】より

…〈読人知らず〉を除いて約3000人の作者,約3万5000首を収めた大詞華集群である。《古今集》《後撰集》《拾遺集》を三代集,《古今集》から《新古今集》までを八代集,《新勅撰集》から《新続古今集》までを十三代集,すべてを合わせて二十一代集という。【新井 栄蔵】。…

※「八代集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八代集の関連キーワード佐々木弘綱在原元方八代集抄詠歌大概北村季吟十三代集活語指南近代秀歌十代集清子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android