コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識票 ニンシキヒョウ

3件 の用語解説(認識票の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にんしき‐ひょう〔‐ヘウ〕【認識票】

軍隊などで、隊員が身につける、名前や所属部隊などを刻んだ金属製の札。戦死した場合の身許確認などに用いる。→ドッグタグ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にんしきひょう【認識票】

兵士の認識番号を彫った金属票。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

認識票
にんしきひょう

戦場で死んだ軍人の身元がすぐわかるように、各人が身につける、名前その他を刻印してある金属製のプレート。1949年の第一、第二ジュネーブ条約は、戦死者識別のため複式の認識票の一片を、単式の認識票の場合には認識票を死体に残さなければならないと規定している。
 認識票は、第一次世界大戦中に世界各国の軍隊で採用された。アメリカではドッグ・タッグ、ドイツではフンデ・マルケ(いずれも犬の首輪に吊(つ)るす鑑札の意)と俗称された。
 敗戦前の日本軍では陸軍で採用、所属部隊名と識別番号が刻印され、戦地へ動員されるときに着用した。敗戦で認識票はなくなり、自衛隊発足後も「軍隊ではない」などの理由で見送られてきた。その後、陸海空の航空機搭乗員が事故などの際の身元確認のため、飛行中に着用した。1980年(昭和55)以降の演習のなかで必要の声が強まり、86年から陸上自衛隊全員に交付されることになった。
 陸上自衛隊の認識票はステンレススチール製で、横5センチメートル、縦2.8センチメートル、厚さ0.4ミリメートルの小判型、1200℃の熱にも耐えられる。陸曹以上の認識票は国名(JAPAN)、隊種(GSDF、Ground Self-Defense Forceの略)のほか、ローマ字で氏名、算用数字で認識番号、英語で血液型が刻印され、陸士用のものは国名、隊種のほか部隊コード番号、部隊でつける一連番号が刻印されている。それぞれ2枚1組で、チェーンの長いほうは各人が首からぶら下げ、短いほうは部隊が保存する。[林 茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認識票の関連キーワード着付ける芸が身を助けるほどの不仕合わせ隊員帯する着衣煮付ける身に着ける我が身につまされる穿く身に付ける

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

認識票の関連情報