コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こうgào

翻訳|gào

世界大百科事典 第2版の解説

こう【誥 gào】

中国で古く王命をよぶ。言をもって人に告げるところからこの字が使われ,《尚書》の〈康誥〉〈大誥〉〈酒誥〉等みなそれに属し,おもおもしい言葉で臣民に宣言されている。官吏の任命や封爵の賜与も誥によって行われたので,後世はもっぱらその意味に用いられ,辞令が制誥,誥命,誥とよばれた。誥は立派な綾絹で表装され,大型の朱印を押したものが一般で,清代には満漢両文が併記された。【池田 温】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

誥の関連キーワード国語(中国古代の歴史書)グエン・チャイ(阮薦)金春惣右衛門(1)グエン・チャイ塗炭の苦しみ陸宣公奏議王禹しょう庚申信仰味岡三伯宣和書譜大明会典全唐文顔延之無双伝茅山派司空図楊慈湖陶宗儀朱徳潤陶弘景

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android