コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読谷[村] よみたん

世界大百科事典 第2版の解説

よみたん【読谷[村]】

沖縄県中頭(なかがみ)郡の村。沖縄島(本島)中部の西海岸に位置する。人口3万2912(1995)。東は読谷山(よみたんざ)岳(236m)を頂点に,南側へ緩やかに傾斜する丘陵地で,西側は石灰岩台地が広がり段丘地形をなし,残波(ざんぱ)岬で東シナ海へ突き出している。15世紀,読谷按司の護佐丸長浜の港に拠って南蛮貿易を行い,一大勢力圏を形成した。第2次大戦前は読谷山村といい,サトウキビサツマイモの栽培の盛んなところとして知られた純農村であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android