コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調子笛 チョウシブエ

3件 の用語解説(調子笛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうし‐ぶえ〔テウシ‐〕【調子笛】

弦楽器の調弦や合唱の基本の音高を決めるのに用いる小さな笛。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうしぶえ【調子笛】

基準の高さの音を鳴らす小さな笛。弦楽器の調弦や、無伴奏の合唱の歌い出しの音を決めるのに用いる。 → 律管

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調子笛
ちょうしぶえ

音律をあわせるための専用の笛。普通は小さな管の中に金属製(ときとして竹製)の振動体(リード)のついたものをさし、この管の一端を吹いたり吸ったりして基準音高を得る。日本や中国および西洋などで古くから用いられており、音楽や楽器の音律によってさまざまな種類がある。1本の管からなるものや、数本の管を音高順に並べて連結したものがあり、管の多くは上下両端に振動体を備えて異なる2音が出せるようくふうされている。日本では昔は竹製、近代以降は金属製のものが多く、古くから雅楽の律管(りっかん)や箏(そう)調弦用の四穴(しけつ)(一竹(いっちく)とも。指ではじいて鳴らすため狭義の調子笛には入らない)などが使われてきた。日本音楽一般によく用いられるのは、3本または6本を連結した笛で、前者は壱越(いちこつ)・平調(ひょうじょう)・下無(しもむ)・双調(そうじょう)・黄鐘(おうしき)・盤渉(ばんしき)(ニ、ホ、嬰(えい)ヘ、ト、イ、ロに相当)の6音を、後者は1オクターブ内の12音を出す。西洋のものはほぼ金属製で、4本の小管をセットにしたバイオリン調弦用の笛などがよく知られている。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の調子笛の言及

【調律】より

…補助的に測定器を用いることもある。まずその楽器の音律の基準となる音を音叉または調子笛などによって定めると,同音,オクターブ,完全5度,完全4度,長短3度,長短6度などの協和音程を用いてその響きを判断して順次音階音を整えてゆくのであるが,精度の高い音律を構成することができる。しかし,日本の箏では調弦に不協和な短2度音程も用いるので,このような場合には主観による相違が大きく認められる。…

※「調子笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

調子笛の関連キーワード基音弦鳴楽器擦弦楽器スコルダトゥーラ調律撥弦楽器本調子アカペラ打弦楽器調弦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone