コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調度懸(け) チョウドガケ

デジタル大辞泉の解説

ちょうど‐がけ〔テウド‐〕【調度懸(け)】

平安時代、宮中で儀式のときに弓矢を持って供奉した役。
中世、武家で外出の際に、弓矢を持って供をした役。調度持ち。
江戸時代、弓矢を飾った台。中央の作り付けの箙(えびら)に矢を立て、その左右に弓二張りを立てて置いた。弓矢台

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の調度懸(け)の言及

【烏帽子】より

…懸緒は正式には紙縒で,紫の組緒は後鳥羽天皇のときから始められたという。また武士が用いたものを調度懸(ちようどがけ)というが,これは頂頭掛の訛(なまり)だという。なお,このほかに侍烏帽子には小結ができたことは前記のとおりである。…

※「調度懸(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

調度懸(け)の関連キーワード調度持ち・調度持頂頭懸け・頂頭懸作り付け調度持弓矢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android