コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡籙 ころく

3件 の用語解説(胡籙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡籙
ころく

胡禄とも書く。矢を入れる奈良時代の盛り矢具の一種。同じく上古・奈良時代に用いた盛り矢具の (ゆぎ,ゆき。靭とも書く) とは使用法が異なり, (やじり) を下にして矢を入れ,腰につけて用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

胡籙
やなぐい

「胡籙 (ころく)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


やなぐい

右腰に帯びる矢入れ具の一種。古代の靫(ゆぎ)が発展したもので、7世紀中期ごろから8世紀中期ごろに主として公家(くげ)の儀式用として急速に広まった。平胡(ひらやなぐい)と壺胡(つぼやなぐい)の2種があり、籐(とう)、葛(つづら)、木などでつくられる。平胡は箙(えびら)を薄くしたような形をしており、その方量はおおよそ高さ1尺(約30センチメートル)、方立(ほうだて)の前幅7寸(約21センチメートル)、後幅6寸(約18センチメートル)、同深さ1寸8分(約5.5センチメートル)、同奥行2寸3分(約7センチメートル)で、下地は木製が多く、これを漆塗りとし蒔絵(まきえ)または螺鈿(らでん)仕上げとする。方立の前面には眼象(げんじょう)(格狭間(こうざま))を透かし、緒をつける。壺胡は筒状をしており、前面中央に手形の穴があり、漆塗りまたは螺鈿仕上げとする。胡を儀仗(ぎじょう)用として使用する場合、公卿(くぎょう)は蒔絵螺鈿、非参議次将は木地螺鈿や木地蒔絵の胡と定められていた。またこれに盛る矢は長さ2尺2~3寸の塗箆(ぬりの)で、3~4寸の金銅または鉄鏃(やじり)をつけ、二立羽、水晶筈(はず)または角筈(つのはず)とする。上差(うわざし)は水晶、金、銅、木などの鏑(かぶら)を用いる。矢数は14筋に鏑矢1筋、または20筋に鏑矢2筋、その他諸説ある。胡の用法は、羽を上にして盛り、緒で右腰に帯び、矢は箙と同じように下の方へ抜き取る。古い胡としては正倉院宝物「白葛平胡(しろつづらひらやなぐい)」が有名である。[入江康平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone