コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調神社 ツキジンジャ

デジタル大辞泉の解説

つき‐じんじゃ【調神社】

さいたま市浦和区にある神社。旧県社。祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)素戔嗚尊(すさのおのみこと)律令時代調を収める倉がのちに社になったとされる。中世以降は月待ち信仰と結びつき、狛犬の代わりに兎の像が置かれるなどした。つきの神社。調宮(つきのみや)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

調(つき)神社

埼玉県さいたま市にある神社。第10代崇神天皇の御代の創祀とされる。祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)、豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

調神社の関連キーワード埼玉県さいたま市素戔嗚尊天照大神

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調神社の関連情報