コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪忠誠 すわただまさ

2件 の用語解説(諏訪忠誠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諏訪忠誠
すわただまさ

[生]文政4(1821).5.8. 江戸
[没]1898.2.19. 東京
江戸時代後期の第 10代信濃 (長野) 高島藩主,老中。文政 11 (1828) 年5月父忠恕の遺領3万 7800石を継ぎ,寺社奉行若年寄を経て元治1 (64) 年7月老中格から老中に進んだ。若年寄の頃から外国事務にあたり,長州処分問題,横須賀製鉄所建設問題で折衝を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪忠誠 すわ-ただまさ

1821-1898 江戸後期-明治時代の大名,華族。
文政4年5月9日生まれ。諏訪忠恕(ただみち)の長男。天保(てんぽう)11年信濃(しなの)(長野県)高島藩主諏訪家9代。寺社奉行,若年寄などをへて元治(げんじ)元年老中となるが長州への出兵に反対し,2年辞職。慶応4年新政府軍に属し赤報隊の処刑,近藤勇軍の撃退にあたる。のち諏訪神社宮司などをつとめた。子爵。明治31年2月19日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

諏訪忠誠の関連キーワード磯部最信家永熊吉近藤忠直昇斎一景関直吉寺倉古史都静館田鶴丸広瀬曲巷北斗庵一樹(2代)堀井胤吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone