(読み)ユ

精選版 日本国語大辞典の解説

さとし【諭】

〘名〙 (動詞「さとす(諭)」の連用形の名詞化)
① さとすこと。言い聞かせて、悟らせること。説諭。
② 神仏のお告げ。神託。前兆。
蜻蛉(974頃)下「たたん月にしぬべしといふさとしもしたれば、この月にやともおもふ」

さと・す【諭】

〘他サ五(四)〙
① 言い聞かせて、納得させる。教えてのみこませる。
※書紀(720)舒明即位前(北野本)「重臣(かしこきまちきむたち)を遣して教を覚(サト)す」
※俳諧・也哉抄(1774)「さらば『かな』は『かあな』とさとすべきか」
② 告げ知らせる。神仏などがお告げをもって知らせる。前兆を示す。
※延喜式(927)祝詞(九条家本訓)「天の下の公民の作り作る物を、成したまはず傷へる神等は、我が御心ぞと悟(サトシ)奉れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諭の関連情報