コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸口 ショクチ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐くち【諸口】

いろいろの項目・口座。
簿記で、仕訳(しわけ)をするときに借方または貸方の勘定科目が二つ以上になっていること。

もろ‐くち【諸口】

多くの人がいう言葉。衆口。
「下の―と申すことは、えいなび給はぬことなり」〈宇津保・国譲下〉
馬の口取り縄を左右両方からとること。⇔片口
「侍十二人に―をさせ」〈太平記・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくち【諸口】

いろいろな事項・項目。
簿記で、仕訳の際に貸借いずれか一方の勘定科目が二つ以上にわたっていること。

もろくち【諸口】

多くの人の意見。 「下の-と申す事は、えいなび給はぬ事なり/宇津保 国譲中
馬を引くのに、二人以上で両側の手綱を取ること。 ↔ 片口 「或は乗り口にひかせ、或は-にひかせ/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

諸口の関連キーワード土一揆(つちいっき)小林 十九二特殊仕訳帳女殺油地獄五月 信子川田 芳子諸口 十九藤尾 純日野富子口取り縄七口関青苧座乗り口借方貸方口座項目簿記米市銚子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸口の関連情報