コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エツ

デジタル大辞泉の解説

えつ【謁】

貴人や目上の人に会うこと。お目通り。「を賜る」
名刺。
「―を通じ、おおやけの紹介状を出だして」〈鴎外舞姫

えつ【謁】[漢字項目]

常用漢字] [音]エツ(漢) [訓]まみえる
身分の高い人に面会する。お目通りする。「謁見上謁内謁拝謁来謁
[名のり]つく・ゆく

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えつ【謁】

身分の高い人に会うこと。おめみえ。 「 -を賜る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【名刺】より

…【山田 和子】
[中国]
 現代中国語ではふつう〈名片〉という。古くは〈名紙〉〈名帖〉〈名単〉〈片子〉,あるいは単に〈刺〉〈謁(えつ)〉ともいった。〈名刺〉もその古称の一つであって,すでに唐の元稹の詩にみえている。…

※「謁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

謁の関連情報