コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷内六郎 たにうち ろくろう

2件 の用語解説(谷内六郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷内六郎 たにうち-ろくろう

1921-1981 昭和時代の画家,漫画家。
大正10年12月2日生まれ。小学校を卒業後,はたらきながら漫画などを新聞,雑誌に投稿。昭和30年「行ってしまった子」で第1回文芸春秋漫画賞を受賞。31年に創刊された「週刊新潮」の表紙絵を,25年間にわたりかきつづけた。昭和56年1月23日死去。59歳。東京出身。画集に「遠い日のうた」「旅の絵本」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷内六郎
たにうちろくろう
(1921―1981)

画家。東京に生まれ、まだ田園的風景の残っていた世田谷(せたがや)で病弱な幼少期を送る。高等小学校を卒業後、年少労働者として働きつつ漫画・カットなどを新聞・雑誌に投稿。1955年(昭和30)文芸春秋漫画賞を受け、翌56年2月の創刊号より『週刊新潮』の表紙絵を描いて叙情画家としての地位を確立した。童画調の画風のうちに人間幼少期の源泉的な感情をとらえて、見る者を郷愁に誘う。『谷内六郎画集』(1955)、『遠い日のうた』(1966)、『旅の絵本』(1967)などの作品集がある。叙情画家の谷内こうたは甥(おい)[上笙一郎]
『『谷内六郎展覧会』四冊・別一冊(新潮文庫) ▽『谷内六郎の絵本歳時記』(新潮文庫) ▽横尾忠則編『谷内六郎の世界』(1981・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

谷内六郎の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータヴェナイト銀行法座散乱木遺跡安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷内六郎の関連情報