コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象引 ゾウヒキ

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうひき【象引】

歌舞伎十八番の一つ。荒事師と悪人方が巨象を引き合うという場面を眼目とし,〈草摺引〉〈卒塔婆引〉〈錣引(しころびき)〉などと同じく,〈引合い事〉などと称されるものの一つ。1701年(元禄14)正月江戸中村座の《傾城王昭君(けいせいおうしようくん)》で初世市川団十郎と初世山中平九郎とにより初演との説が有力だが疑問。ほかにその前年3月江戸山村座の《薄雪今中将姫(うすゆきいまちゆうじようひめ)》,09年(宝永6)7月山村座の《傾城雲雀山(けいせいひばりやま)》などに演ぜられたとの説は誤りであり,33年(享保18)11月上演説も根拠が薄弱である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうひき【象引】

歌舞伎十八番の一。1701年江戸中村座の「傾城王昭君けいせいおうしようくん」の中で初世市川団十郎が初演。蘇我入鹿と山上源内左衛門が象を引き合い力くらべをするという荒事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

象引の関連キーワード鳥居清倍(初代)十八番(おはこ)中村靖之介坂東巳之助鳥居清倍蘇我入鹿