赤面恐怖症(読み)セキメンキョウフショウ

百科事典マイペディアの解説

赤面恐怖症【せきめんきょうふしょう】

恐怖症の一種。英語ではereuthophobia,erythophobia。人前に出ると不安・緊張のあまり赤面し,それが悪循環となる症状。思春期に多く,森田療法が有効とされる。対人関係を重視する日本文化に関係があるともいわれたが,現在は減少傾向にある。
→関連項目対人恐怖症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきめんきょうふしょう【赤面恐怖症 erythrophobia】

人前に出ると不安・緊張のあまり赤面し,赤くなるまいと思えばますます緊張して赤面するといった悪循環に陥っているもの。対人恐怖症の一種であり,神経症でよくみられる。思春期に多発し,森田療法が適用される。赤面恐怖症は,対人関係を重視する日本の文化と関係が深く,欧米に比べて日本に頻発するといわれている。しかし,最近では日本でも欧米の文化の影響を受けて,赤面恐怖症は徐々に減少する傾向にある。【大原 健士郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきめんきょうふしょう【赤面恐怖症】

恐怖症の一。人に会うと顔が赤くなるのでないかと極度に気に病み、人前に出るのを恐れる症状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤面恐怖症の関連情報