コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利満直 あしかがみつただ

5件 の用語解説(足利満直の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利満直
あしかがみつただ

[生]?
[没]永享11(1439).2.10. 鎌倉
室町時代前期の武将。氏満の子。篠川御所ともいう。応永6 (1399) 年,兄満兼の命で奥州支配のため陸奥篠川に下る。永享の乱に持氏に従い幕府軍に敗れ自刃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利満直 あしかが-みつただ

?-1440 室町時代の武将。
足利氏満の子。応永6年奥州支配のため兄の3代鎌倉公方(くぼう)足利満兼によって安積郡(あさかぐん)篠川(ささがわ)(福島県)に派遣され,篠川御所とよばれた。幕府と甥(おい)の4代鎌倉公方足利持氏(もちうじ)が対立するなか,反持氏の立場をとる。のち結城(ゆうき)合戦の際,持氏の遺児を擁する結城方に攻められ,永享12年6月10日自害した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利満直

没年:永享12(1440)
生年:生年不詳
室町時代の武将。篠川公方。鎌倉公方足利氏満の子,満兼の弟。応永6(1399)年兄弟の満貞(稲村公方)と共に奥州に下向し,篠川(郡山市)に居を構えて篠川公方と称した。その勢力は南奥州におよぶにとどまったが,同23年の上杉氏憲(禅秀)の乱に際してこれにくみして動き,その後は室町幕府と通じて鎌倉府と公方足利持氏に対立する姿勢をとり続けた。同30年に幕府と鎌倉府が対立したときには,将軍足利義持から鎌倉攻撃を命じられ,永享2(1430)年にまた両府の対立が深まると,満直は持氏に代わらんとして関東の情勢を幕府に報告し出兵を要請している。しかし永享の乱で持氏が滅亡した際には奥州から動けず,関東支配の野望を果たせぬまま,石川氏との戦いのさなかに戦死した。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがみつただ【足利満直】

?‐1440(永享12)
室町中期の武将。第2代鎌倉公方(くぼう)足利氏満の子。1399年(応永6)陸奥国安積郡篠川(ささがわ)に派遣され,篠川御所と号す。稲村御所足利満貞とともに奥羽支配のかなめとなる。上杉禅秀の乱以後,反鎌倉公方派として,鎌倉派の足利満貞と対立し,奥州の反鎌倉府勢力を結集し,幕府と積極的に結びついて満貞を圧倒した。永享の乱後の結城合戦の最中に南奥の国人に攻められ自殺した。【伊藤 喜良】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利満直
あしかがみつただ
(?―1440)

室町中期の武将。「みつなお」とも読む。篠川御所(ささがわごしょ)。鎌倉公方(くぼう)第2代氏満(うじみつ)の子、同3代満兼(みつかね)の弟。1399年(応永6)陸奥(むつ)国安積(あさか)郡篠川(福島県郡山(こおりやま)市安積町笹川)に下向、稲村御所満貞(みつさだ)とともに鎌倉府の南奥州支配の一翼を担う。1429年(永享1)前後に結城(ゆうき)白河氏などにあてた発給文書が10点残存し、それらからみると、奥州管領(かんれい)に準じた権限を行使している。1416年(応永23)の上杉禅秀(ぜんしゅう)の乱に上杉氏憲(うじのり)(禅秀)、足利満隆(みつたか)に味方し、以来、反持氏(もちうじ)、反満貞、親幕府という独自の動きをした。1440年(永享12)6月、石川氏ら結城合戦に際し、結城方についた南奥州の国人達に攻められ篠川にて没した。[平田満男]
『『福島県史 第1巻』(1969・福島県) ▽柳沼儀介著『奥州篠川御所――史料と研究』(1975・郡山地方史研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足利満直の言及

【篠川御所】より

…室町期の鎌倉府が奥羽両国を統治するため,陸奥国安積郡篠川(笹川,佐々河)に整備した足利一族の居館。1391年(元中8∥明徳2)暮れから両国併管を認可された鎌倉府では,99年(応永6)春,第3代関東公方足利満兼のとき,弟の足利満貞,足利満直を岩瀬郡稲村と篠川に配置し,両国を掌握しようとした。これを稲村御所,篠川御所という。…

【陸奥国】より

…旧国名。奥州。現在の福島県,宮城県,岩手県,青森県の全域と秋田県の一部。
【古代】
 東山道に属する大国(《延喜式》)。《延喜式》の規定では35郡を管し,国府は多賀城(現,宮城県多賀城市)にあった。その設置は他の諸国と同様,大化改新(645)後あまり時を経ない時期と思われるが,当時は〈道奥国(みちのおくのくに)〉と記し,読まれた。この〈道奥国〉という命名は他の諸国の国名とは趣を異にし,東海・東山2道の奥すなわち最末端に位置する国という意味である。…

※「足利満直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利満直の関連キーワード足利正知足利満隆鎌倉公方鎌倉府公方者足利持仲足利義久上杉持朝小山若犬丸篠川公方

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone