コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足掛(け) アシカケ

デジタル大辞泉の解説

あし‐かけ【足掛(け)】

足を掛けること。また、足を掛けるもの。
年・月・日を数える場合、1年・1月・1日に満たない前後の端数をそれぞれ1として数える数え方。例えば、ある年の12月から翌々年の1月までなら「足掛け三年」と数える。→丸(まる)満(まん)
《「あしがけ」とも》柔道などで、相手の足に自分の足を掛けて倒す技。
足掛け上がり」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

足掛(け)の関連キーワードグレート・ブリテン王国クライミングウオールタカネキマダラセセリダイセツタカネヒカゲリクライニングチェアキイロウスバアゲハファルナケス1世クモマベニヒカゲパパンの蒸気機関デュ・ビニョーベルリンの患者梅津何応欽協定ガズデン購入ジョンヒョンタカネヒカゲハーディングフットレストエンポリオン泗川の戦いモロタイ島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android