コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡を追う アトヲオウ

デジタル大辞泉の解説

跡(あと)を追・う

追いかけていく。
関係の深かった人の死に続いて死ぬ。また、亡くなった人を慕って自らも命を絶つ。「愛する人の―・う」
先人の手本に従う。「師の―・う」
[補説]「後を追う」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとをおう【跡を追う】

(「後を追う」とも書く)追いかける。
死んだ人を慕って自らの命を絶つ。また、ゆかりのある人が死んだあと、引き続いて死ぬ。 「恋人の-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

跡を追うの関連キーワード太平洋の生還者アルジェの戦い跡・迹・痕・址ルネサンス美術詩人菅原道真F1地上の夢雪風ハ沈マズトラック藤原伊織心変わり金 梅子楠木正行自然居士ゆかり大山巌手本先人蹤跡追随恋人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跡を追うの関連情報