跡を追う(読み)アトヲオウ

デジタル大辞泉の解説

跡(あと)を追・う

追いかけていく。
関係の深かった人の死に続いて死ぬ。また、亡くなった人を慕って自らも命を絶つ。「愛する人の―・う」
先人の手本に従う。「師の―・う」
[補説]「後を追う」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとをおう【跡を追う】

(「後を追う」とも書く)追いかける。
死んだ人を慕って自らの命を絶つ。また、ゆかりのある人が死んだあと、引き続いて死ぬ。 「恋人の-・う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跡を追うの関連情報