コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追う/逐う オウ

デジタル大辞泉の解説

お・う〔おふ〕【追う/逐う】

[動ワ五(ハ四)]

㋐先に進むものに行き着こうとして急ぐ。あとをついて行く。追いかける。「母親のあとを―・う幼な子」「逃走者を―・う」「機影をレーダーで―・う」
㋑目標となるものに至り着こうとする。また、あるものを得ようとする。追い求める。「理想を―・う」「世の流行を―・う」「掘り出し物を―・って古本屋をまわる」

㋐順序に従って進む。「順を―・って話す」「話の筋を―・ってみる」
㋑時間が経過するのに従って変化する。「日を―・って忙しくなる」
無理にその場所・地位などを去らせる。追い払う。追い立てる。「地位を―・われる」「子犬が―・っても―・ってもついてくる」「蠅(はえ)を―・う」
(「…に追われる」の形で)せきたてられて余裕のない状態である。「生活に―・われる」「仕事に―・われる」
せきたてて先に進ませる。「牛を―・う生活」
目的の場所を目ざして進む。
「和泉の灘(なだ)より小津のとまりを―・ふ」〈土佐
貴人の行列の先払いをする。先追う。
「容儀をいつくしく整へ、御さきに―・ひて」〈継体紀〉
[可能]おえる
[下接句]顎(あご)で蠅(はえ)を追う頭の上の蠅を追う跡を追う頤(おとがい)で蠅を追う巻(かん)を追う先を追う去る者は追わず鹿(しか)を逐(お)う中原(ちゅうげん)に鹿を逐う二兎(にと)を追う日を追って

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

追う/逐うの関連キーワードハンガリアン・グレーハウンドミッドナイト・ジャーナル猫を追うより皿を引け生きていてよかった追いつ追われつ跡追い・後追い近火で手を焙る流血の記録砂川させいほうせい追い手・追手顎で蠅を追う頤で蠅を追う利食い千人力窮寇・窮冦鳥持ち網代揉みに揉むビハインドスノビズム二兎・二兔遣らい小屋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android