鉄道馬車(読み)テツドウバシャ

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうばしゃ【鉄道馬車】

軌道上に馬車を走らせるという輸送手段は,18世紀ごろからヨーロッパの炭坑などで出現していたが,都市交通機関としての馬車鉄道は,19世紀半ばアメリカの各都市に出現した。日本では1869年(明治2)北海道茅沼炭坑で,軌道上を牛が炭車を引く方式が採用されたが普及しなかった。都市交通機関としては1882年6月25日,東京馬車鉄道会社が新橋~日本橋間で開業,10月1日までに日本橋~上野~浅草~本石町~日本橋の循環線が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てつどうばしゃ【鉄道馬車】

鉄道上を走る乗り合い馬車。1882年(明治15)新橋・日本橋間に最初に開通。主要都市の市街交通機関となったが、明治30年代以降市街電車の普及により次第に廃止された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄道馬車
てつどうばしゃ

馬車鉄道ともいい、軌道上を走る馬車の輸送機関。1836年ニューヨークで市内交通機関として現れ、1854年にパリ、1861年にロンドン、1865年にベルリンと、世界の各都市に広まった。
 日本では、1882年(明治15)6月、東京馬車鉄道会社により新橋―日本橋間に開通し、続いて10月には日本橋―上野―浅草―浅草橋―日本橋間が開通した。車両はイギリス製と日本製とを混用しており、4フィート6インチ(1372ミリメートル)幅の軌道上を、定員24~28名の客車1両を2頭の馬が牽引(けんいん)した。乗合馬車に比べてたいへん快適とされ、その後全国各地に広まり、1891年に大阪、1898年には函館(はこだて)でも開通した。しかし、京都の市街電車をまねて東京でも1903年(明治36)東京馬車鉄道は電車に変わり、後の市電、都電の基礎となった。地方都市でもしだいに鉄道馬車は電車やガソリンカーにかわり、第一次世界大戦前にはほぼ姿を消したが、地方によっては昭和の初めまで残っていた。[山内まみ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てつどう‐ばしゃ テツダウ‥【鉄道馬車】

〘名〙 鉄道線路を走る乗合馬車。二頭の馬が二五、六人乗りの客車一両を牽引した。一八三六年ニューヨークで開業したのが最初。日本では、明治一五年(一八八二)六月、新橋~日本橋間を走ったのが最初で、のち、大阪、函館など、各地に敷設された。東京では同三六年、市街電車にとって代わられている。
※東京日日新聞‐明治一五年(1882)六月二六日「鉄道馬車 同馬車は昨廿五日仮に業を開き、午前十時に発車を為し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鉄道馬車の言及

【乗合馬車】より

…やがて料金は1区1銭5厘に値上げされ,また品川~新橋間その他にも路線が開かれ,77年9月には雷門~新橋間のものだけで車両数87,1日平均売上げは100円にも達する盛況を見せた。しかし,82年6月に鉄道馬車が開設されるとしだいに中央部から駆逐され,さらに市内電車が登場,その路線の伸長に伴って,1910年には東京市内の乗合馬車はまったく姿を消した。東京以外では1873年に京都~大阪間を5時間で結ぶ路線が開通,79年以降東京~宇都宮,東京~水戸といった区間の営業も行われた。…

※「鉄道馬車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄道馬車の関連情報