コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公営交通 こうえいこうつう

2件 の用語解説(公営交通の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうえいこうつう【公営交通】

地方自治体が経営する交通事業。たとえば1997年9月現在で,六大都市と札幌,仙台,福岡の9市が地下鉄を経営し,函館,熊本,鹿児島の3市が路面電車を経営している(東京と札幌は両者を兼営)。1994年度のこれら軌道系公営交通の輸送人員は27億人で,JRを含む全国の鉄道輸送人員の12%を分担した。また,56の都県市町村がバスを経営し,93年度の公営バスの輸送人員は17億人で,全国バス輸送人員の28%を分担した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公営交通
こうえいこうつう

地方公共団体の経営する交通事業。その営業分野は路面電車、バス、地下鉄、ニュータウン鉄道、モノレール架空索道ロープウェー)、簡易軌道、船舶運送業などにわたっており、1998年(平成10)現在、全国120の地方公共団体で128事業を経営し、年間およそ42億人を運んでいる。
 一般に都市が交通事業を営むのは、1880年代に路面電車(市街電車)が登場するようになってからのことで、都市経済や市民生活の円滑な発展に、都市公共空間を占用する近代的交通機関の整備が必要となり、都市の中枢機能の一つとして交通機関が公共的意義と役割をもつようになったからである。日本の公営交通は1903年(明治36)にまず大阪で路面電車が市営され、その後民営電車が買収されて、東京(1911)、京都(1912)、神戸(1917)、横浜(1921)、名古屋(1922)などの市電となった。市営バスは、関東大震災(1923)で崩壊した市電網の代役として東京で開業したのが最初である。昭和初期の恐慌で経営難に陥った民営交通を買収するなどして地方中都市にまで市営バスが拡大、戦間期にも民業の市営化が続いた。第二次世界大戦後は過密化する大都市の通勤・通学輸送対策の必要と、自動車に押されて衰退する路面電車に代替するため、公営バス、地下鉄の拡充、新設が進められた。公営地下鉄は1933年(昭和8)大阪市営の梅田―心斎橋(しんさいばし)間が最初で、戦後に名古屋(1957)、神戸(1968年民営の神戸高速鉄道開業。市営は77年開業)、札幌(1971)、横浜(1972)、京都(1981)、福岡(1981)、仙台(1987)で開業したほか、東京では既存の営団地下鉄(1941。2004年に民営化され、東京メトロとなる)と並んで都営地下鉄が発足(1960)した。
 公営交通は、能率的な経営のもとに、地域社会の必要とする輸送サービスを「よく、安く、平等に」提供し、公共の福祉を増進することを基本目的とすると同時に、独立の企業として採算性の確保が求められている。しかし、路面混雑による速度低下と乗客減少に悩むバス事業や、巨額の建設費負担にあえぐ地下鉄事業など、ほとんどの公営交通が収支償わず、年々損失を累積してきている。料金の改定は利用者負担への影響がつねに問題とされ、公共性原則と整合した形での企業採算性確保が重要な課題である。1966年(昭和41)の地方公営企業法(昭和27年法律292号)改正により、企業会計で負担すべき経費が限定、区分されて、財政再建計画のもとに公的補助を受けて経営の健全化が図られるようになってきたが、都市交通と一体の都市改造や、都市交通の一元的運営体制の確立など、構造的対策の進展がさらに望まれている。[辻 和夫]
『自治省編『地方公営企業年鑑』各年版(地方財務協会) ▽運輸省編『大都市交通センサス総集編』各年版(運輸政策研究機構) ▽運輸省運輸政策局監修『地域交通年報』各年版(運輸政策研究機構) ▽中西健一・廣岡治哉編『日本の交通問題』3版(1980・ミネルヴァ書房) ▽大坂健著『地方公営企業の独立採算制』(1992・昭和堂) ▽松尾光芳・小池郁雄・中村実男・青木真美著『交通と福祉』(1996・文真堂) ▽廣岡治哉編『都市と交通』(1998・成山堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公営交通の言及

【運送業】より

…国鉄は1906年発布の鉄道国有法によって大半の鉄道を国有化して以来,国有国営鉄道として全国鉄道(主として都市間鉄道)を経営してきたが,1949年に公共企業体(公社)に移行し,87年に分割・民営化されるまで続いた。現在でも公企業形態をとっている例は,公営交通(公営企業法による)である。地方公共団体が地下鉄やバス事業を経営しているのがそれであり,全国の主要都市で市(都)営交通として経営されている。…

※「公営交通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公営交通の関連キーワード補助事業地方自治体区営自治体市民交通傷害保険自治体が経営する豊後大野市内の2病院統合問題自治体財政の4指標直轄事業の地方負担地方競馬全国協会 (National Racing Association(NAR))PPP(パブリックプライベートパートナーシップ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公営交通の関連情報