コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹲る/踞る ウズクマル

デジタル大辞泉の解説

うずくま・る【×蹲る/×踞る】

[動ラ五(四)]
からだを丸くしてしゃがみ込む。また、獣が足をたたみ込んで腹ばいになる。「物陰に―・る」
しゃがんで礼をする。
「扇を笏(しゃく)にとりて、すこしうつぶして、―・り居たり」〈宇治拾遺・一四〉
[補説]歴史的仮名遣いを「うづくまる」とする説もあるが、平安時代の文献にその確例はない。

つくば・る【×蹲る】

[動ラ五(四)]しゃがむ。うずくまる。つくばう。
「はらりと気早に立って、―・った婢(おんな)の髪を袂で払って」〈鏡花婦系図

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくばる【蹲る】

( 動五[四] )
うずくまる。かがむ。しゃがむ。つくばう。 「はい-・る」 「 - ・つて手形を残す関の雪/柳多留 139

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蹲る/踞るの関連キーワード柳多留物陰

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android