コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈む カガム

デジタル大辞泉の解説

かが・む【屈む】

[動マ五(四)]
腰などが前に曲がる。「腰が―・む」
腰やひざを折り曲げて姿勢を低くする。しゃがむ。「―・んでのぞきこむ」
[可能]かがめる
[動マ下二]かがめる」の文語形
[用法]かがむ・しゃがむ――「前の人はかがんで(しゃがんで)ください」などでは相通じて用いられる。◇「かがむ」は「前かがみの人」などのように前傾の姿勢をもいうが、「しゃがむ」はひざを曲げ腰を落とすからだ全体の動作を表す。「道ばたにしゃがんで話し込む」◇類似の語に「うずくまる」がある。「うずくまる」は頭も前に曲げ、からだ全体を丸く小さくする動作で、「物陰にうずくまる」「子犬がうずくまって寝ている」などと用いる。

くぐ・む【屈む】

[動マ四]からだを折り曲げる。からだを小さくしてしゃがむ。かがむ。
「さし―・みて御覧ずれば」〈義経記・二〉
[動マ下二]腰を曲げて身を低くする。かがめる。
「ひさかたの天(あま)つみ空は高けれど背を―・めてぞ我は世に住む」〈夫木・一九〉

こご・む【屈む】

[動マ五(四)]
足や腰を曲げて姿勢を低くする。かがむ。しゃがむ。「―・んで靴紐を結ぶ」
背をまるく曲げたかっこうになる。猫背のようなからだつきになる。
「其日は風が強く吹いた。勝は苦しそうに、前の方に―・んで馳けた」〈漱石こゝろ
[動マ下二]こごめる」の文語形。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かがむ【屈む】

( 動五[四] )
足・腰を曲げて姿勢を低くする。しゃがむ。 「 - ・んで拾う」
曲がる。屈曲する。 「腰が-・む」 「眉がまた-・うだ/狂言・今参」
[可能] かがめる
( 動下二 )

くぐむ【屈む】

( 動四 )
〔「かがむ」の転〕 背を丸めて体を丸くする。かがむ。 「単衣ひとえの御衣を御ぐしこめ、ひき-・みて/源氏 夕霧
( 動下二 )
前かがみに姿勢を低くする。かがめる。 「皆背を-・めてぞ立つたりける/太平記 17

こごむ【屈む】

( 動五[四] )
背を丸めてしゃがむ。かがむ。 「 - ・んで靴をはく」 「座敷の隅にしらぬ顔して-・み居たり/西洋道中膝栗毛 七杉子
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

屈むの関連キーワード西洋道中膝栗毛太平記靴紐

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屈むの関連情報