コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツ

1件 の用語解説(軋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あつ【軋】[漢字項目]

[音]アツ(漢) [訓]きしる きしむ
車輪などがこすれあって音をたてる。「軋轢(あつれき)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【箏】より

…唐代(618‐907)に至り,清楽は12弦箏を用いたが,他は13弦箏を普通とした。 奏法には指で奏する搊(しゆう),骨製の爪(義甲)で奏する弾,弦を擦って鳴らす軋(あつ)があったというが,搊と弾の意味はかならずしも明確ではない。宋代(960‐1279)になると12弦箏は用いられなくなる。…

※「軋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軋の関連情報