コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツ

デジタル大辞泉の解説

あつ【軋】[漢字項目]

[音]アツ(漢) [訓]きしる きしむ
車輪などがこすれあって音をたてる。「軋轢(あつれき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【箏】より

…唐代(618‐907)に至り,清楽は12弦箏を用いたが,他は13弦箏を普通とした。 奏法には指で奏する搊(しゆう),骨製の爪(義甲)で奏する弾,弦を擦って鳴らす軋(あつ)があったというが,搊と弾の意味はかならずしも明確ではない。宋代(960‐1279)になると12弦箏は用いられなくなる。…

※「軋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

軋の関連キーワード自己愛性パーソナリティー障害ボナヴェントゥーラ テッキウィリアム・E. スミスリンダ フェアスタインチェンジマネジメントKAI(業務提携)人権の国際的保障ゲット・バック圧・壓・斡・軋カラースラボフ11人いる!フリクション変形性関節症ウェンツェルたくらみと恋ヌレーエフ列藩会議論東洋自由党怒りの葡萄施設図書館

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軋の関連情報