コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽羹 かるかん

5件 の用語解説(軽羹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽羹
かるかん

蒸し菓子の一種。鹿児島地方の名産で,安政年間 (1854~60) ,島津公の菓子司八島六兵衛によって創作された。原料は軽羹粉 (うるち米粉) と芋と砂糖で,砂糖にやまのいもをすりおろして加え,すり混ぜ,軽羹粉を加えてよく練り,せいろうで蒸したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

軽羹【かるかん】

蒸菓子の一種。ヤマノイモのすりおろしと粳(うるち)米の粉と白砂糖をこね合わせて蒸したもの。白色で軽く淡泊で上品な味をもつ。鹿児島の名物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かるかん【軽羹】

鹿児島名物の蒸菓子。ヤマノイモをおろし,かるかん粉と呼ぶうるち米の粉と砂糖を加え,よくすり混ぜて蒸し上げる。白色のカステラ状を呈し,独特の味と舌ざわりがある。安政年間(1854‐60)島津斉彬(なりあきら)が作らせたものとする説があるが,江戸日本橋本町の菓子舗,紅谷志津摩(べにやしづま)の文化7年(1810)の目録に〈軽羹 壱箱 代六匁〉と見えるから,江戸ではそれ以前から製造販売されていたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽羹
かるかん

鹿児島県の名菓で、特産のヤマノイモを原料とした蒸し菓子。10月から4月までの季節菓子である。軽羹の製法は、ヤマノイモ1キログラムをすりおろし、これにやや粗い粳米(うるちまい)の粉1キログラムと上白糖1.1キログラムをあわせてこね、蒸籠(せいろう)で蒸す。これだけの重量が、蒸し上がりには1キログラムほどに軽くなってしまう。軽い羹(あつもの)の意から軽羹と名づけられた。軽羹の素材で漉し餡(こしあん)をくるみ、蒸し上げたものが軽羹まんじゅうである。軽羹が鹿児島で誕生したのは1854年(安政1)である。明石(あかし)の人、八島六兵衛が江戸で仕法を学び、月堂(ふうげつどう)の推挙で薩摩(さつま)藩御用菓子司となって鹿児島入りしたときにもたらされたといわれる。六兵衛は生国にちなみ明石屋を屋号としたが、現在では多くの店が軽羹を手がけている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軽羹の関連情報