コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪台 リンダイ

デジタル大辞泉の解説

りん‐だい【輪台】

園芸で、大輪の花を咲かせるために、針金を曲げて作った菊花の台。

りんだい【輪台】[曲名]

雅楽の曲名。唐楽盤渉(ばんしき)調新楽の中曲。舞は四人の平舞で、常に青海波(せいがいは)の序として舞う。もとは中国西域地方の民俗楽舞といわれる。番舞(つがいまい)は敷手(しきて)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんだい【輪台】

針金を曲げて作った菊花を支える台。

りんだい【輪台】

舞楽の一。左方に属する盤渉ばんしき調の中曲。四人による平舞。通常、青海波せいがいはを破とする序として舞われる。もと西域の輪台の民俗芸能に由来する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

輪台の関連キーワードアウシュヴィッツ平和博物館武帝(中国、前漢)青海波(音楽)青海波(雅楽)大滝[温泉]花輪台貝塚ウルムチ青海波魚籃坂貝製品御殿山京仏具敷手園芸雅楽盤渉左方唱歌鄭吉港区

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪台の関連情報