輪台(読み)りんだい

精選版 日本国語大辞典「輪台」の解説

りん‐だい【輪台】

[1] 〘名〙 園芸で、菊の大輪の花を咲かせるために、針金を曲げて作った、花を受ける台。
[2]
[一] 中国新疆ウイグル自治区中央部のオアシス地帯にある県名。天山南路の都市として繁栄し、漢の武帝の時に屯田が、唐・清代に県が置かれた。
[二] 雅楽曲名唐楽盤渉(ばんしき)調の曲。中曲。左。舞楽として演奏される時には「青海波」を後段として、前段にこれが舞われる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「主の大臣『侍りかし』とて、りんだいを気色ばかりたちて舞ひ給へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「輪台」の解説

りんだい【輪台】[曲名]

雅楽の曲名。唐楽、盤渉(ばんしき)調で新楽の中曲。舞は四人の平舞で、常に青海波(せいがいは)として舞う。もとは中国西域地方の民俗楽舞といわれる。番舞(つがいまい)は敷手(しきて)

りん‐だい【輪台】

園芸で、大輪の花を咲かせるために、針金を曲げて作った菊花の台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android