コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪投げ わなげ quoits

5件 の用語解説(輪投げの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪投げ
わなげ
quoits

輪を投げる遊戯。古代ギリシアではスポーツとして流行したといわれるが,現在ではおもに子供の遊戯として世界各国にみられる。一定間隔をおいて棒を立て,その棒を目がけて輪を投げ,棒に掛かった輪の多少によって勝敗を争う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わ‐なげ【輪投げ】

棒を立て、一定の距離から輪を投げて棒に通した数の多いほうを勝ちとする遊び。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わなげ【輪投げ】

標的を目がけて輪を投げる遊戯。円盤投げの変形と思われるが,起源は不詳である。イギリスではquoitsと呼ばれ,14世紀から行われている。現在の代表的な例は,直径20cmのゴム板に直径6cmほどの穴のあいたものを1本のピン(hob)に向かって投げるか,あるいは,直径15cmほどの輪を約20cm間隔で正方形に9本並んだピンに投げる競技で,屋外・屋内ともに行われ,ピンまでは16mくらいとする。アメリカで愛好される蹄鉄を投げる馬蹄投げhorseshoe‐pitchingや,ロープを輪にして船の甲板で行うゲーム(deck‐quoits)などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わなげ【輪投げ】

輪を投げること。特に、離れた地点に立てた棒に輪を投げ入れる遊び。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪投げ
わなげ

遊戯の一種。一定の距離を決めて置いた棒や柱に、金属、木または麻縄(あさなわ)などでつくった輪を投げかけて、棒や柱に入った数の多さを競う。古代ギリシアでスポーツとして行われていたという古い歴史をもち、日本には明治時代に伝わったが、おもに子供の遊戯として行われている。イギリスでは居酒屋などで人気のある遊びであった。そのほか、現在でも船の旅の際には、デッキ・ゲームとして行われている。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輪投げの関連キーワードスローイング手袋を投げる投擲競技筆を投げる打ん投げる身を投げる石投げの見得横投げホッバー輪投げゴルフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輪投げの関連情報