コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪投げ わなげquoits

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪投げ
わなげ
quoits

棒をめがけてを投げ,かかった輪の数などで勝敗を争う遊戯。古代ギリシアではスポーツとして流行したといわれ,今日おもに子供の遊戯として世界各国にみられる。1~5世紀頃ローマ支配下のイギリスにおいても行なわれ,中世にイギリスの農民の間で蹄鉄を曲げて輪にしたものを地面に刺した鉄の釘に向けて投げる遊戯が始まり,発展したとみられる。馬蹄投げは,今日アメリカ合衆国やカナダで盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わ‐なげ【輪投げ】

棒を立て、一定距離から輪を投げてに通した数の多いほうを勝ちとする遊び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わなげ【輪投げ】

標的を目がけて輪を投げる遊戯。円盤投げの変形と思われるが,起源は不詳である。イギリスではquoitsと呼ばれ,14世紀から行われている。現在の代表的な例は,直径20cmのゴム板に直径6cmほどの穴のあいたものを1本のピン(hob)に向かって投げるか,あるいは,直径15cmほどの輪を約20cm間隔で正方形に9本並んだピンに投げる競技で,屋外・屋内ともに行われ,ピンまでは16mくらいとする。アメリカで愛好される蹄鉄を投げる馬蹄投げhorseshoe‐pitchingや,ロープを輪にして船の甲板で行うゲーム(deck‐quoits)などもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わなげ【輪投げ】

輪を投げること。特に、離れた地点に立てた棒に輪を投げ入れる遊び。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪投げ
わなげ

遊戯の一種。一定の距離を決めて置いた棒や柱に、金属、木または麻縄(あさなわ)などでつくった輪を投げかけて、棒や柱に入った数の多さを競う。古代ギリシアでスポーツとして行われていたという古い歴史をもち、日本には明治時代に伝わったが、おもに子供の遊戯として行われている。イギリスでは居酒屋などで人気のある遊びであった。そのほか、現在でも船の旅の際には、デッキ・ゲームとして行われている。[高野 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輪投げの関連キーワードリングカントリーゲームビリエ・ド・リラダン高野標的地点

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪投げの関連情報