返照(読み)へんしょう

精選版 日本国語大辞典「返照」の解説

へん‐しょう ‥セウ【返照】

〘名〙
① 光がりかえすこと。特に、沈む夕日の照りし。比喩的にも用いる。夕ばえ。夕照(せきしょう)
※若木集(1377頃)回峰「斜陽返照射青巒、路遶崎嶇往又還」
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「海水は太陽の熱を返照して、これを得ること、遅きゆゑに、亦これを失ふことも遅し」 〔杜甫‐返照
② (「反照」とも書く) 仏語。
(イ) 自分の心の鏡に照らして内省すること。また、昔の例に照らして考えること。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一四一「其意味を返照(ヘンセウ)する遑(いとま)がなかった」 〔摩訶止観‐二・上〕
(ロ) 禅宗で、自己の智慧の光をめぐらし、自己を反省して、真実の自己に接すること。〔臨済録

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「返照」の解説

へん‐しょう〔‐セウ〕【返照】

[名](スル)
光が照りかえすこと。照り返し。「まぶしい砂の返照
夕日の光。夕映え
《「反照」とも書く》仏語。真実の自己に照らして内省すること。
「其意味を―するいとまがなかった」〈漱石明暗
[類語]反照照り返し日照烈日反射照り返す乱反射反映

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「返照」の解説

【返照】へんしよう(せう)

反射。夕日。孟浩然終南の翠微寺の空上人のに題す〕詩 南の裏(うち) 雨後、照宜し 閉關、久しく沈冥 (つゑつ)いて、一たび登眺す

字通「返」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる