コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反照 ハンショウ

デジタル大辞泉の解説

はん‐しょう〔‐セウ〕【反照】

[名](スル)
照り返すこと。また、その光。照り返し。「残雪の反照
夕日に照り輝くこと。夕映え。
ある物事の影響が具体的な形で他のものの上に現れること。
「周囲の幽静な趣と―するためか、かえって町にいるときよりも動揺した」〈漱石

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんしょう【反照】

( 名 ) スル
光が照りかえすこと。また、その光。 「残雪は日光に-してキラ〱と輝けども/花間鶯 鉄腸
夕ばえ。夕ひかげ。
色・光・情趣などが互いに照り映えて輝きを増すこと。 「嵐雪の句…其角の豪壮にして変化するものと相-して/獺祭書屋俳話 子規

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反照の関連情報