コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反照 ハンショウ

デジタル大辞泉の解説

はん‐しょう〔‐セウ〕【反照】

[名](スル)
照り返すこと。また、その光。照り返し。「残雪の反照
夕日に照り輝くこと。夕映え。
ある物事の影響が具体的な形で他のものの上に現れること。
「周囲の幽静な趣と―するためか、かえって町にいるときよりも動揺した」〈漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんしょう【反照】

( 名 ) スル
光が照りかえすこと。また、その光。 「残雪は日光に-してキラ〱と輝けども/花間鶯 鉄腸
夕ばえ。夕ひかげ。
色・光・情趣などが互いに照り映えて輝きを増すこと。 「嵐雪の句…其角の豪壮にして変化するものと相-して/獺祭書屋俳話 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

反照の関連キーワード繁・伴・凡・判・半・反・叛・坂・帆・拌・搬・攀・斑・板・氾・汎・煩・版・犯・班・畔・範・繁・般・藩・販・阪・頒・飯R.スミス ドゥーガンポッゲンドルフ獺祭書屋俳話オシログラフ再帰代名詞反射代名詞照り返し自分自身御自分其・汝汝・己我・吾礒幾造夕ばえ検流計照返し反影面面返照

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android